取引先の女性へどうアプローチするか!恋愛テクニックがものを言うぜ!

恋愛テクニック養成ギプス

 

女性の方から動くような誘発

 

目と目とがあって言葉を交わすと、今までそんなに思いが無かった女性でも好きになってしまうもの。

 

こちらから押すと引いてしまう場合もあるので、一番理想的なのは女性の方から積極的に向かって来てくれることでしょう。

 

そのためにはどうするべき、何か行動を起こさねば絶対に何も始まりません。

 

行動=会話から、お話出来る時間をキープする事が最優先、まずは仕事帰りに少しでも話が出来る状況をつくるのが一番。

 

古典的なパターンを優先したとして、メモ書きに自分の連絡先を記してから食事などで話せる時間をまずはキープ。

 

互いの仕事絡みで上手に話せない場合もあるかもしれませんが、ここはもう仕事の時間内ではないので少しだけ大胆に行くのもOK。

 

「また会いたい」と思ってもらえるように話すのがベストで、「ここまで来たのだから次もぜひ」と思わせるのも重要。

 

普段は会話が出来ない状態から互いに開放されるのが一番の好条件、良い空気感を大切にして女性側の本音を引き出し次へと進めるのが理想的です。

 

それについては、こちらのサイトも参考にしてみてください:彼女の作り方

 

短時間でのコミュニケーション

 

趣味の無い人は少ないはずで、少なからずともどんな趣味を持ってるか訊けると良し。

 

「いつも休みの日は何してるのですか?」、この「いつも」を「普段」に変えて話すだけでも雰囲気は変わります。

 

その時その時に一番適した状況で話せるのがベスト、そして重要なのはリラックスした環境で話す事。

 

そんなチャンスはなかなか出来ない場合は、短い時間でどれでだけインパクトのある会話をすることが出来るか。

 

「一回お話してみたかった」「やっとお話出来て嬉しいです」など、素直な気持ちを明確に伝えると相手側も嬉しいはずです。

 

遠くからでも目で会話すること

 

話せる時間がなくても大丈夫、人間のアイコンタクトほど音のない世界で威力を発揮するものはありません。

 

目力=人の心をも動かせる偉大なるパワー、興味のある女性に対して気持ちを込めて自然な笑顔で目を見るのはお薦めです。

 

アイコンタクトの数が増えれば増える程、次に話せるチャンスが来た時の会話は自然と弾むもの。

 

その距離がどんなに遠くても、可能な限りにその女性を見てお互いに何か感じらたら先が見えて来るものです

 

深夜のテレフォンタイム

 

連絡先の交換が出来たら電話で話してみるのもお薦めでしょう。

 

普段ぼ声とは違った声で聞こえたりするのが電話の良いところ、好きな人に関していえばより自分好みに聞こえるものです。

 

その日にあったことはもちろん、嬉しかったことや辛った事を笑いを交えて話せたらベストでしょう。

 

「もっとこの人と話していたい」とお互いが感じられたら一番良いし、聞き上手や話し上手という点を互いに気が付けると楽しさ倍増なはず。

 

時間が夜中になった場合は空気感が変わって来るので、今まで話していた内容がより深くなったりと変化もあるでしょう。

 

会話の多彩な変化があればあるほど、互いにある好奇心や信頼感は深まり、より次への展開を求め合う傾向が出て来るでしょう。

 

「このままずっと話していたい」となれば最高、そして「明日もまた頑張ろうね」と区切って互いが高揚出来たら素晴らしいこと。

 

電話で話すと見えない情景が浮かんだりするので、彼女側の方がどんな部屋でどんな格好で暮らしてるのか話すのも良し。

 

見えない物が見えて来たリ想像力が高まりながら、彼女の方からの反応を楽しみつつチャンスがあったら積極的な言葉をかけてみるのも良いでしょう。

 

真夜中のメール

 

もう寝てしまったかもしれないから、電話よりメールとなったらメールにするのが良いでしょう。

 

単純明快に趣旨をズバっと書くのも良いし、少し長めに実は話がしたかったと伝えるのも良し。

 

そのままメールから会話が始まるケースもあるし、電話でなくメールでなら話せる事もあったりします。

 

真夜中の時間帯ならではの大胆な発言もあるかもしれないので、臨機応変に素早く返答するのが一番だと思います。

 

食事ながらのアプローチ

 

人は食事の時間は最も幸せなひと時、2人で夕食を共にする時間が取れたら大切にしましょう。

 

まずは女性の好き嫌いを聞いて、それぞれどこがどう好きで嫌いな理由も明確に訊けると良いです。

 

そこからの話の広がりは無限大なので、今までお互いに知らなった重要な一部分が知れ次への展開は広がるばかり。

 

そして女性の方からも質問が来たらベター、次にまた食事行く約束をゴールに話を進める展開が楽しめるはずです。

 

「こうして食べると嫌いなものも食べられるかも」と薦めてみるのも良い事、拒否されても食べてみてくれても楽しいもの。

 

また好きだと言ってる食べ物をオーダーして美味しさを共有するのも良し、「あの店の○○○が美味しいから今度行きましょう」となる可能性は高いはず。

 

そして食後のスイーツタイムは忘れてはいけません、最後は甘いもので〆て食事を大満喫した実感をわかち合いましょう。